豆乳の効果〜豆乳の成分について〜

豆乳の効果〜豆乳の成分について〜です。

豆乳は栄養分がたくさんですが、どのような成分を含んでいるのでしょうか?

まずは、たんぱく質。

 豆乳の元となる、大豆の約40%はたんぱく質でそのほとんどが水溶性たんぱくです。

 豆乳にはビタミンBも含まれています。ビタミンBは、脳の機能を維持する働きを持っています。

 ビタミンBが不足すると、イライラなど神経の不安定、集中力不足になりやすくなります。

 また、豆乳には約2%の脂肪が含まれています。その脂肪は植物性のため、コレステロールを含みません。

 豆乳の脂肪分は不飽和脂肪酸で、リノール酸、リノレン酸とよばれる必須脂肪酸です。

これらは、動物性脂肪の取り過ぎからくる血管に付着したコレステロールを減らす働きをしてくれます。

 豆乳にはビタミンEも含まれています。ビタミンEは、脂肪の過酸化を防ぎ、呼吸器や内臓を丈夫にします。

ビタミンEには血行をよくする作用もあります

豆乳の効果〜豆乳の成分について〜でした。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。